インターネット

Googleアドセンス広告コード貼れずエラー【ConoHa WINGレンタルサーバー】使用者が解決しました

2020-07-02

指定ウェブページを表示することができない対処

ohkura-create

スポンサードリンク

レンタルサーバーとドメインは[ConoHaWING(コノハウィング)]を使用し 当サイトAndroid【スマホ 】かんたん利用&情報を運営しています。

WordPressのテーマは 有料テーマ[アフィンガー5]を利用中。

さて Googleアドセンス広告を貼るために「アドセンスコード」を取得し、AFFINGER5 管理の[Google連携に関する設定]へ。

作成した広告コードを貼ると、突如 エラーメッセージ “ 指定したウェブページを表示することができません。”

と出ました。。。

え~~!なんと 広告が貼れないの?

動揺しましたが、レンタルサーバー『ConoHaWING(コノハウィング)』へログイン。

ログイン後 ある設定を行なう とエラーが消え 無事に広告コードが貼れました☆

こんな方におすすめ

  • レンタルサーバー『ConoHa WING(コノハウイング)』を利用
  • AFFINGER5(アフィンガー5)のワードプレステーマを使用

今回のエラー修正は、上記にあてはまるブロガーさんに  お勧めの記事。

エラーが出て、アドセンス広告を貼れず 困っているかたの参考になれば ウレシイです☆

エラーはレンタルサーバー『コノハウイング WAF設定』が関連

Googleアドセンス広告コードを貼るには、アフィンガー5管理画面の「Google・広告/AMP」をクリック。

→「Google連携に関する設定」というページが出てきます。

下へ スクロールすると「見出し前に広告挿入」とある。

ここに 取得したGoogleアドセンス広告コードを貼り「SAVE」を押すと 完了します☆

ところが・・・先程のエラーメッセージがでました。

“ 指定したウェブページを表示することができません。”

すこし調べてみると、契約中のレンタルサーバー『コノハウイング WAF設定』が関連しており 不具合が出ているようです。

う~ん。。。こういう修正は いつも得意ではないんだけどな~。。。

とはいえ、トライするしかありません(泣)

さぁ『ConoHaWING(コノハウィング)』へログインしますー!

サイト管理『コノハウイング WAF設定』利用をオフに

レンタルサーバー『ConoHa WING(コノハウイング)』コントロールパネル に ログイン。

そして、上部メニューの「WING」をクリック。

コノハういんぐ

左サイドメニュー「サイト管理」をクリックします。

→「サイトセキュリティ」を開きます。

上のタブから「WAF」を開きます。

コノハウイングWAFをオフ

「利用設定」を「オフ(OFF)」に変更します。

WAFオフ(OFF)のまま「Google連携に関する設定」ページへ

コノハウイング『WAF設定をオフ』にして いったん完了しておきます。

そして、再び アフィンガー5管理画面の「Google・広告/AMP」をクリックし 広告コードを貼り付けます。

すると、さきほどのエラーメッセージは でず、無事に成功しました☆

このまま『WAF設定をオフ』のままでも・・・良いのかな??(わからないよ~)

と心配に思ったので 再び『ConoHa WING(コノハウイング)』コントロールパネルにログイン。

設定は「オン(ON)」に変更。

不具合が出てないか?

アドセンス広告は出るのか?と確認したところ、ちゃんと広告が表示されており 安心しました。

(つまり  現在は  WAF設定オンになっている)

サイト運営は「スムーズに行かない」こともしばしば

こんな文面が WordPress管理画面に ドカンと表示されると 驚きますよね。。。

指定したウェブページを表示することができません。

入力したURLや値が正しくない可能性がございますのでご確認ください。

The server refuse to browse the page. The URL or value may not be correct.
Please confirm the value.

しかし、今では いろいろなブロガーさんが 様々な不具合や修正方法を書いてくれており とても助かります。

不具合やサイトがおかしくなってしまった時は、どうしても 凹みます。

そして、頭の中で 対処方法をグルグル考えます。

夜遅く そんな不具合が出てしまうと・・・そのことばかりで 寝られなくなります笑。

オオクラ
うまく解決してから 安心して就寝したいですもんね。

ですが、いろいろ検索し調べて無理なら【ココナラ】など 専門分野のかたに依頼してみると カンタンに修正されることもあります。

サイト記事を書くだけでなく、WordPressの管理面、SEO、twitterなどのSNSなども運営していく時代。

やることが多くて 大変ですが できるところから 進めていきましょう。

以上 Androidスマートフォン研究家 大倉葵が「Googleアドセンス広告コード貼れずエラー【ConoHa WINGレンタルサーバー】使用者が解決しました」の話を紹介しました。

ー 関連記事 ー
◆ConoHaWING ファイルマネージャーで【ads.txtアップロード設定】流れと成功確認法

◆WordPress設定での注意点やコツ

スポンサードリンク

おすすめ

スマホが打ちにくい【タッチペン】を使うとベンリ 1

ワタクシ、最近ハマっている趣味があるんですよ。 「それは何か?」というと… ずばり『スマートフォンで絵を描くこと』です~ ...

Androidスマホが盗難したら 2

Androidスマホを持ったけど  紛失してしまったらどうしよう? “  最近は忘れっぽくて 老眼メガネまで失くしちゃう ...

AndroidスマホGoogleストリートビューの使いかた 3

Android、iPhoneなど  スマートフォンには ゲームや音楽、動画など 色々なアプリ(ソフトウェア)を利用できま ...

amazon電子書籍の活用方法 4

最近では 子供からシニアの世代まで 1人1台は所持していそうな スマートフォン。 そんなスマホ(android)で読書が ...

シニア世代おすすめスマホアプリ 5

平成時代と異なり 令和のいま  携帯電話(ガラケー)は   スマートフォンが主流になってきています。 スマートフォンを ...

-インターネット
-, ,

© 2020 Android【スマホ 】かんたん利用&情報